キャッシングとローンの違い

新聞や雑誌、中吊り広告などで最近は頻繁に「キャッシング」や「ローン」の言葉を目にします。銀行や消費者金融もCMなどを利用して広告宣伝を行っていますが、それだけ需要もあるということですね。

 

キャッシングとローンの違いについてですが、これらの言葉に明確な定義は無いようで、業者によって使い方も異なっています。キャッシングもローン、あと融資についても「お金を借り入れる」ことを言います。返済方法の違いで言葉を使い分けている場合、キャッシングは翌月などに一括まとめて返済すると定義されています。それに対してローンは毎月少しずつ返済していくというような定義付けされています。2つ合わさった言葉「キャッシングローン」だと、お金を借りて毎月少しずつ返済、というような解釈になります。

 

キャッシングの場合、借り入れできるお金を指定の銀行口座へまとめて振り込んでくれる場合と、カードが発行されて融資の限度内であれば何度でもお金を引き出せるというカードローンがあります。最近では銀行でもカードローンを発行しているので、安心してお金を借りたいという方にはおススメです。1枚作っておくと、急にお金が必要になった時に利用できるのでとても便利ですね。