専業主婦と兼業主婦の違い

主婦と一言で言っても専業主婦と兼業主婦に分かれます。専業主婦というのは自身に収入がなく、配偶者の収入で生活している事をいい、兼業主婦の場合はパートやアルバイトなど職についている事をいいます。

 

専業主婦と兼業主婦では借り入れできるカード会社が異なってきます。特に専業主婦のキャッシングで人気の高いものは銀行やレディースローンです。これは、2010年6月からの総量規制で年収の3分の1を超える借り入れができなくなったのをきっかけに人気になりました。

 

特に専業主婦の場合は配偶者の収入証明書や同意書が必要になり、旦那に内緒で借り入れができなくなってしまうというリスクができました。自身に収入のある兼業主婦の場合は借り入れの範囲が広がることから専業主婦はパートなどに出る方が多くなりました。

 

主婦は家庭の事、子どもの事などで忙しくなかなか働きに行けないのも事実です。しかし何かとお金がかかってしまい、借り入れが必要になる事もあります。専業主婦は借り入れができなくなったのかと言うと例外もあり、銀行は総量規制の対象外になりますので借り入れが可能になります。

 

レディースローンも人気で女性専用のキャッシングになります。最近では男性だけではなく女性もキャッシングを利用するので女性向けの金融会社も増えてきています。キャッシングをするにあたっては収入のある兼業主婦の方がメリットは多いです。

 

しかし専業主婦でも借りれる銀行は信用性も高く、無利息の期間がある所もあります。銀行系のカード会社なら本人確認できる書類があれば配偶者の同意書などが不要になるので専業主婦にとっては嬉しいですね。

 

最近のカード会社は審査もスピーディーで、最短即日でカードが発行される所もあります。主婦だからといって借り入れができない事はなく、借り入れに関する無料相談があるカード会社もあるので安心して利用できますよ。自身に合ったカード会社を見つけて計画的に利用しましょう。

 

主婦の方にオススメの参考サイト→専業主婦カードローンのまとめ