審査内容

キャッシングを始めて申し込むときに、不安なのが「審査に通るのだろうか」と言うことですね。審査基準は金融会社によって異なりますし、金利が安く設定されている商品はその分審査が厳しいと考えても良いでしょう。

 

さて、その気になる内容ですが、まず申込用紙を提出します。申込用紙の内容は住所・氏名、家族構成や仕事内容、年収、住居、他に利用している金融会社の有無などです。ある程度、あなたの財政状況を伝えなければいけません。この情報を元にお金を貸してもらえるかどうかが決まってくるので、非常に重要な情報となります。窓口で対面式の場合であればあなたの身なりからなどもある程度推測できるのですが、最近では無人契約機でも申し込みが出来るので、この情報がとても重要になります。

 

特に重視されるポイントですが、年齢、結婚、職業、電話、住所。この辺りが重要ポイントと言われています。

 

まず年齢ですが、消費者金融によると顧客ターゲットの中心は20〜30代だそうです。年齢が高い方が信頼感も高く感じられますが、実際は逆です。若い人に蓄えが無いのは当然ですが、ある程度の年齢の人が蓄えが無いとちょっと問題と言う風に捉えるようです。

 

次に結婚ですが、世間一般で考えると既婚者の方が社会的信用度が高いと思われますが、この辺の常識も異なります。結婚していない未婚者の方が有利になりやすいのです。既婚者の場合、何かとお金が必要なので自由に使えるお金が少ないはず、と貸金業者の人たちは考えます。ただし、一概に独身は有利と言う考え方ではなく、ある程度の年齢にも関わらず独身でいる人には何か欠陥があるの?と言う風に見られてしまいます。

 

職業ですが、高収入をもらっているかどうか、と言うよりも離職率が低い、安定した職業が優遇されます。安定度No1の公務員や会社員の人は安定していると判断されます。日雇いの人やアルバイトの人はともかく、自営業の人も不利な判断を下される場合があります。そのほか、勤務年数も関係していて、あまりに勤務年数が短い人はマイナスに捉えられます。せめて1年以上の勤続年数があればいいでしょう。そして、働いていない主婦の方でも心配無用です。配偶者に収入があれば申込めるので自身に収入がなくても大丈夫です。詳しくはこちら→http://binnacle.info/

 

電話に関しては、携帯電話を持っていないとマイナス評価を受けてしまいます。これだけ携帯電話が普及していて誰もが所有しているにも関わらず、携帯電話を持っていないと何かしら疑いを持ってしまうようです。出来れば固定電話と携帯電話の両方を持っていると有利に評価してもらえます。
最後に住所ですが、もちろん賃貸よりも持ち家の方が有利です。しかも、その居住年数も重視されるそうで、住まいを転々と繰り返すよりも1か所に落ち着いて住み続けている人の方が良い評価をもらえるそうです。

 

このように貸金業者からの審査評価は世間一般の常識とは多少異なりますのでご注意ください。