総量規制について

総量規制とは、2010年6月からの法律で借りすぎ貸しすぎの防止策として年収の3分の1を超える借り入れが原則禁止となりました。例えば年収300万円だとすると約100万円までの借り入れとなります。

 

貸付け契約には4種類あり法人向け、法人向け保証、個人向け、個人向け保証があります。総量規制の対象は個人向けのみになります。しかし例外があり、銀行からの借り入れは対象外となります。

 

もし消費者金融などで年収3分の1まで借り入れをしていたとしても銀行からは借り入れができるという事になります。銀行以外にも、住宅ローンや医療費ローン、自動車ローンも対象外になります。総量規制は専業主婦などの自身に収入が無い方の借り入れが困難になり、旦那の同意書や収入を証明する書類が必要になりました。旦那に内緒で借り入れができなくなってしまい、パートに出る主婦も多くなりました。

 

しかし、冒頭でも記載しているように総量規制は資金業者からの借り入れを対象としているので銀行は対象外になります。この場合は専業主婦などでも借り入れが可能になり旦那の同意書などの書類が不要になります。

 

このことから専業主婦には銀行系の借り入れが非常に人気です。さらに兼業主婦の場合は収入があるので借り入れできる範囲が広がります。仮にもし年収の3分の1を超える借り入れがあった場合ですが、新規の借り入れはできなくなりますがすぐに返済をしないといけないわけではありません。

 

さらに多数の金融会社から借り入れをする場合は合計で年収3分の1以内に抑えないといけません。1つの金融会社から3分の1ではないので注意しましょう。またクレジットカードの場合は年収3分の1を超える借り入れがあっても利用できますが、クレジットカードのキャッシングは借り入れできなくなります。

 

総量規制はお金を返済しない、できないという問題からできた法律です。借りすぎには注意してご利用は計画的に自身に合った金融会社を選びましょう。